【国際線・航空券】姓と名を逆にしてしまった!飛行機に乗れるの?

国際便の航空券を予約する時、パスポートの表記に合わせて、姓と名前を間違えずに入力しなければいけません。
でも、人間ですもの。
うっかり名前のスペルを間違えたり、姓と名を逆にしてしまうこともありますよね。
では、姓と名前を逆にして航空券を予約確定してしまうとどうなるのでしょうか?
今回、実体験を含めて、間違えて「姓と名を逆にしてしまった」後にできる事をご紹介していきたいと思います。

1.国際線の航空券の姓と名前を逆に予約するとどうなる?

出典:photo AC

航空券を姓と名前を逆にしてしまうと、原則ダメです。
本人証明ができず、保安上の問題でボーディングパスの発行や、出国や入国の手続きができなくなります。
気がついた時点で原則修正が必要となります。
修正が不可の場合は、チケットを買い直さなければいけません。
では、修正が可能な場合どのようにすればいいのでしょうか?

2.代理店でチケットを買った場合

代理店で航空券を買った場合、修正は航空会社ではなく、代理店に依頼しなければいけません。
しかし、航空券の種類により修正やキャンセルが不可の場合や、代理店の取り決めにより修正が断られる可能性があります。

3.各航空会社の対応は?

出典:photo AC

航空会社のHPやアプリから直接購入した場合、修正できるかできないかは航空会社の取り決めによって異なります。

名前を修正できる航空会社

キャセイパシフック(香港)

カスタマーケアへ連絡すると修正できます。修正内容により手数料が発生します。

チャイナエアライン(中華航空・台湾)

条件により有料で1回のみ修正可能

ブリティッシュエアウェイズ

電話にて修正可能

KLMオランダ航空

無料で修正可能

フィンエアー

有料で修正可能

エールフランス航空

有料で変更可能

名前を修正できない航空会社

JAL(国際線は修正できません)
ANA(国際線は修正できません)
アメリカン航空
ルフトハンザドイツ航空
大韓航空
アシアナ航空
エアチャイナ(中国国際航空・中国)

4.実体験(Trip .com&カンボジア・アンコール航空)

出典:photo AC

私はTrip.comでカンボジア・アンコール航空の航空券を予約しました。
ハノイーシェムリアップの往復チケットです。
この航空券の予約を姓と名前を逆に手配してしまいました。
100%自分のミスです。

まず最初にTrip.comに連絡

Trip.comのアプリのチャット機能を使ってオペレーションの人に直接連絡して、姓と名を間違えた事と修正が可能かどうかを確かめました。
予約したチケットが変更不可、キャンセル不可のタイプだったため、Trip.comでの変更はできませんでした。
自分のミスなので仕方ありません。
Trip.comの対応はとても丁寧で誠実でした。

カンボジア・アンコール航空のヘルプデスクにメール

カンボジア・アンコール航空のHPをチェックしたところ、ホーチミン支店のヘルプデスクがあったため、ダメもとで英語でメールしました。「100%私が悪いです、助けてください」という気持ちを込めてメールしました。

Hello.
I booked 2 tickets From Hanoi to Siem Reap by a travel agency.
But Today I found out there is a mistake on our name.
The family name and the given name were entered in reverse order.
I already called the travel agency to fix our problem.
But they said NO.
My reservation number is XXXX.
Is there any possibility to fix this problem?

するとこんな返信が!

Please give us your passport & the ticket number, we will check & feedback to you after.

確認後、ダメって返信がくるかもな…。と落ち込みながらもパスポートの画像を添付してチケットナンバーを書いたメールを送信しました。

数分後…。

Dear Customer, Your name on the ticket can depart, so please don’t worry.
And Please be more careful next time!

大丈夫!という返信が来ました。
公式HPでEチケット情報を見るとちゃんと修正されていました。
しかも無料でした。
Eチケットを検索するときは「名」で検索しましたが、Eチケットの内容は姓と名前がパスポートと同じ順番になっていました。
本当に猛省しました。
次から気をつけます!

5.国際線の航空券の名前が姓と名が逆でも飛行機に乗れた人がいる??

ネットで検索すると、「姓と名を逆に予約しても飛行機に乗れた」という方も見受けられます。空港のカウンターで直談判したり、航空会社のスタッフがパスポートを見て、修正してくれたケースもあったそうです。
でも、実際自分が経験した事がないので、「乗れる可能性がある」とも言えません。
姓と名を逆に予約したことに気がついた時点で、代理店や航空会社に連絡しましょう。
私は今回、代理店→カンボジア・アンコール航空のベトナムのヘルプデスクにメールをしましたが、ダメでしたら、カンボジア・アンコール航空のカンボジア本国のヘルプデスクに連絡する予定でした。
今回はカンボジア・アンコール航空のスタッフの方々のご厚意で修正していただいただけです。
本当に感謝しています。
今回のことでは、「ハノイでは適当にしか見ないから大丈夫!」などと、ベトナム人の友人には言われましたが、航空会社のスタッフさんも出国管理の係員さんも時間をかけてかなりしっかりと確認されました。
カンボジアでも、出国時に間違いがないか、きちんと確認していました。
「適当に見逃される」ということは無い印象でしたので、搭乗手続き前にきちんと決着をつけてよかったです。

まとめ

・間違えてしまった時は代理店または航空会社に連絡しましょう。
・パスポートの画像を送ることになるので、電話よりメールでのやり取りが望ましいです。
・航空会社によっては厳しく、修正不可の会社もありますが、有料・無料・条件付きで修正できる会社もあります。ご自身が予約した航空会社の規定を確認しましょう。
・この記事を読んでくださった方は、国際線の航空券の名前を入力を間違えてしまって、お困りの方が多いと思います。無事に解決して飛行機に乗れることをお祈りしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

このサイトは豊かな資産形成の参考となる情報の提供を目的としています。
勧誘や特定銘柄への投資を推奨していません。
投資に関する決定やリスク管理はご自身の判断でなさるようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!